高崎市で脊柱管狭窄症にお悩みなら「リハビリ整体サロンあるく」へ

脊柱管狭窄症TOP画像
脊柱管狭窄症TOP画像

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは、脳からつながる重要な脊髄神経の通り道である脊柱管が狭くなり、腰の脊髄自体(馬尾神経)や神経を圧迫する病気で50~60代の男性の発症が多いといわれています。

 

加齢とともに脊柱管が狭くなる原因は、椎間関節やじん帯が分厚くなることや、腰椎椎間板ヘルニアや腰椎すべり症などが影響し脊柱管が狭くなることが原因の場合もあります。

 

脊柱管狭窄症は、神経を圧迫する病気なので椎間板ヘルニアと症状が似ていますが、痛みを発症する動作が異なります。

椎間板ヘルニアの場合は、前かがみになると痛み、腰を反らすと痛みがやわらぎますが、脊柱管狭窄症は、腰を後ろに反らすと痛みが強くなり、前かがみになると痛みがやわらぐ傾向があります。それは、前かがみになって腰を丸くすると、腰の脊柱管が広くなるからです。

 

腰部の大腿神経につながる馬尾神経が圧迫されると、太ももの前やひざの上にしびれや痛みがでます。坐骨神経につながる馬尾神経が圧迫されると、おしりから太ももの裏、ふくらはぎや足の裏までしびれや痛みが出ます。

 

腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状としては「間欠性跛行」があります。

これは、一定の距離を歩くと足に痛みやしびれが起こり、前かがみになって休むと楽になるが、休み休みでなければ長距離を歩けないという症状です。

 

 

少し歩くだけで痛みやしびれが強くなってくるという方、症状が重くなっている証拠です。症状が軽いうちから施術を始めないと、重症化して改善しにくくなるだけでなく、治るのに時間もかかってしまいます。

どこへ行っても脊柱管狭窄症の症状が改善しない方改善してもすぐ戻ってしまう方手術したが痛みやしびれが改善しない方は、早めに当院へお越し下さい。

痛みや症状がぶり返す理由

ストレスを感じる女性

最近では、長期間にわたり体の痛み、コリなどの症状と闘っている方が増えています。

 

体の痛みはガンコなもので、マッサージや整体などに頻繁に通っている方でも痛みがぶり返してくることが大半です。

 

また、整形外科に行っても、レントゲンを撮られて「加齢が原因ですね」と診断され、痛み止めと大量の湿布薬を渡されるだけというケースも少なくありません。

 

さまざまな治療法を試しても、痛みやコリを治せないのはなぜでしょう?

 

それは、痛みやコリの奥にある根本的な原因を見落としたまま、筋肉や骨のみに働きかける対症療法だけを行っているからなのです。

このようなお悩みありませんか?

  • 歩いたり休んだりすることを繰り返す(間欠性跛行)
  • 立っていると足のしびれや痛みがひどくなる
  • 脊柱管を拡げる手術をしたが、痛み・しびれが取れない
  • 前かがみになったり座ったりしないと楽にならない
  • 腰をうしろに反るのがつらい
  • 長時間歩くことができない
脊柱管狭窄症のイメージ

このような効果が期待できます

  • 休まないでも歩けるようになる
  • 長時間立っていても、足の痛みを感じなくなる
  • 長い時間歩いても痛みを感じなくなる
  • 常に気持ち悪い足のしびれが軽くなる
  • 日常生活で痛みやしびれで困ることがなくなる
散歩を楽しむ高齢者

病院や他店との違い

病院や他店との違い

お客様の声

お客様の声

邑中雄子さん 70代 
(脊椎すべり症・脊柱管狭窄症)

歩く時の痛みが消え、
今では1日歩けるようになりました!

腰椎すべり症で整形外科へ通い、薬で痛みをごまかしていましたが、だんだん立てなくなって、伝い歩きしかできず、家事や掃除など家のことができず、すごく不安でした。
そんな時ホームページを見て、良くなっている人が多かったのと想いに共感して予約しました。
すべり症で無理したのもあり、1度悪化して迷惑をかけてしまいましたが、6カ月通い続けることで、今は1日歩いても痛みが出ることがなくなりました。
おかげで、出かけたい気持ちが出てきて、幸せです。
リハビリ整体サロンあるくを選んで大成功で感謝しています。
先生の印象も良いのでおススメです。

※効果には個人差があります。内容は個人の感想です。

お客様の声

北岩 盛男さん 80代
(脊柱管狭窄症)

歩く距離は4倍になり、自転車も乗れるようになりました。

脊柱管狭窄症で、50mしか歩けず、ブロック注射をしていましたが、全然良くなりませんでした。
紋谷先生に施術してもらうと腰が軽くなり、今は200m連続で歩けるようになり、自転車も乗れるようになり、出かける楽しみができました。

※効果には個人差があります。内容は個人の感想です。

お客様の声

高橋 峰男さん 70代
(脊柱管狭窄症、後縦靭帯骨化症)

手術後、立ったり、歩くのが大変でしたが、以前の倍くらい良くなりました。

脊柱管狭窄症と後縦靭帯骨化症で手術をし、足の筋肉が麻痺し、筋力が弱ってしまいました。
立ったり・歩いたりが大変で家で転んだりもしましたが、今は安全に立ったり歩いたりができるようになりました。

※効果には個人差があります。内容は個人の感想です。

施術の効果(ビフォーアフター)

ビフォーアフター

医療のプロや専門家の推薦の声

医療のプロや専門家からの推薦の声

推薦者の声
推薦者の声
推薦者の声
推薦者の声
推薦者の声
推薦者の声

「リハビリ整体サロンあるく」の施術に対する考え

症状の根本原因について

症状の根本的な原因はいったいどこにあるのでしょうか?

 

痛みや症状がある部位を触ると硬く張ったような感触「コリ」を感じることがありませんか?

 

悪い姿勢、運動不足、ストレスなどで筋肉が緊張し「硬く伸びなくなった状態(拘縮:こうしゅく)」がコリの症状で、コリは痛みの原因となります。

コリと筋膜の関係性

筋膜の画像

第2の骨格と言われる「筋膜」とは、筋肉骨、内臓など体のあらゆる器官をつつみこみ、それをつなげている薄い膜のような組織です。

 

筋膜は不自然な姿勢で長時間過ごすと、シワが寄ったり、ねじれたり、厚くなったりして、やがて筋肉や近くにある他の筋膜に癒着してしまいます。

 

筋膜の癒着は筋肉の動きを制限してしまい、さらに筋肉は拘縮してしまいます。

 

そして拘縮した筋肉が血管を圧迫して血流を悪くするために、痛みやコリが発生するのです。

筋膜の説明
筋膜の説明

症状の根本改善には「筋膜調整」が重要です!

筋肉を一時的にほぐしても、それを包んでいる筋膜のゆがみや癒着をそのままにしていたら、筋肉は圧迫され続けコリや痛みを繰り返してしまいます。

 

筋膜の問題が解消されないと、一時的には良くなっても、また元の症状が再発してしまいます。

 

当院では、「筋膜」を中心とした「結合組織」のねじれ、くっつきを改善し、全体を包む器のバランスを本来の正しい状態へ戻します。

 

そうすることで、筋膜の滑りを良くし、コリの硬い部分は自然とほぐされていきます。

ポジティブ画像女性

血流が良くなり、筋肉やそれに関連する部分もスムーズに動くようになる事で、施術中や施術直後に「ポカポカしてきた」「楽になった」「動きやすい」などの効果を実感される声が多く聞かれます。

当院が選ばれる4つの理由

選ばれる理由
このような方は当院にピッタリです
このような方は当院に合わないかもしれません・・・

施術内容

筋膜調整施術

筋膜調整施術
ボキボキしない体にやさしいソフトな手技で根深い痛みの根本原因へアプローチします。

症状の根本原因となっている、筋膜をはじめとする全身の膜のねじれ、くっつきを改善し全身の膜のバランスを本来の正しい状態へ戻していきます。

全身の膜を整えることで、コリなどの硬い部分はほぐれていき、血流が良くなり、結果的に姿勢改善や動きが楽になることで再発しにくい健康な体を手に入れることができます。

ご予約から施術の流れ

初回料金

初回限定3800円(税込)

ご予約・お問い合わせ

友だち登録でLINE予約可能!
さらに特典GET!
  • 特典1
    HP限定の初回特別価格から
    「さらに500円OFF!」
  • 特典2
    姿勢と動きのチェック&調整
  • 特典3
    当店オリジナル
    「マル秘 セルフケア資料」​プレゼント
営業時間
9:00-21:00 ×
  • 定休日日曜日(不定休あり)
  • 祝日通常営業
tel:080-4463-3663

所在地